肌荒れを起こしている時は、極力ノーメイクに

若いのにほうれい線はなんでしょう。メイクしないなんて、言語道断!と思われるかもしれません。
しかし、肌が荒れてしまっている時には、メイク等の油分を肌に与える事は、かなり大きな負担となってしまいます。
綺麗に見せたいのはとても理解できますが、肌荒れが治まるまでは出来ればノーメイクで過ごす事が、肌の為と言えるでしょう。

メイクをしてしまうと、落とす為のクレンジングも必要となります。
メイク落としの際に、多少の摩擦を肌に与えてしまう事も、肌への大きな負担と言えます。

肌が落ち着くまでは肌に何もしないようにし、落ち着いたら様々なメイクを楽しみましょう。

肌荒れが酷い時のファンデーションの付け方

ファンデーションを付ける際、どんな付け方をしていますか?
パフを使う事が殆どだと思いますが、肌に叩きこんだりパフでこすったりする事が大半だと思います。
健康な肌でしたら問題ないですが、肌荒れが酷い時にパフで叩いたり擦ってしまうと、肌に負担がとても大きくなってしまいます。
ただでさえ荒れている肌が、もっと悪化してしまいます。
ヒリヒリ度が増してしまうので、出来れば避けたいですよね。

肌荒れが酷い時は、ファンデーションブラシを使って肌に乗せてあげましょう。
付ける時の肌負担も軽くなりますし、薄付きになるのでファンデーションの油分を肌に与えすぎないようにも出来ます。

様々なフェイスブラシを活用しよう

ブラシでメイクをする事は、肌への負担を最小限に抑える為の秘訣と言えます。
ファンデーションやアイメイク用等、様々なパーツで使えるブラシは、色んな物をそろえておくと非常に便利です。

フェイスブラシは、色んな種類や色んな形があります。
自分の顔の形に合致する、使いやすくて綺麗にメイクが乗るブラシを選んで使いましょう。

ブラシは、必ず清潔を保つようにしましょう。
肌荒れを起こしている肌は、ちょっとの汚れや刺激に弱く敏感になっています。
使い古したブラシには、大量のメイク汚れや皮脂が付いており、雑菌だらけになっています。
肌荒れ改善を考えるのであれば、常に清潔なブラシを使うようにしましょう。

コンシーラーは使わない

ブツブツ肌荒れが気になるので、コンシーラーで一生懸命隠してしまうと思います。
しかし、肌荒れ部分は、触れ過ぎるのは厳禁です。
肌負担厳禁なのに、更に油分の強いコンシーラーを肌荒れ部分に塗ってしまうと、もっと悪化させてしまい、大変危険です。

ニキビや肌の色ムラが気になる場合は、事前にワセリンを肌に塗ってみましょう。
その後ブラシでファンデーションを乗せると、色むらなく乗せる事が出来ます。
ワセリンは肌に負担が少ないので、活用してみると良いでしょう。